偏平足は足のアーチが潰れた状態でしたね

 

今回はその状態で過ごした結果

どのようなケガが引き起こされるのかと偏平足の改善方法を書いていきます!

|偏平足で引き起こされるケガ|

大きなケガを取り上げさせていただきます。

  • 足底腱膜炎
    ⇒足の裏にある膜が炎症を起こして痛みが出た状態です。
  • シンスプリント
    ⇒脛骨についている筋肉が引っ張られた状態で固まり、
    付着部で炎症が起きて痛みが出た状態です。
  • 膝前十字靭帯断裂
    ⇒内側のアーチが潰れた結果足が内側に傾き、それに伴い膝も内側に入ってしまい、そこから方向転換の際、膝の靭帯に多大なストレスを与えてしまい断裂。
  • 分離症
    ⇒膝が内側に向くと太ももは内側に倒れます。姿勢としてX脚の状態になります。太ももが内側に倒れると連動して骨盤が前側に傾き、骨盤についている背骨が反った状態になり、ストレスが重なり分離症に。

 

ケガとしては大きくこのようなものがあります。

これらはあくまでも一部です。

 

足はすべての行動の起点になる位置なので

足の状態の悪化は、身体全体の悪化につながります。

 

特にランニングを行っている方は、体内が健康になる前に身体が不健康になってしまう恐れがあります。

その心がけが素晴らしいだけにものすごく勿体ない。

 

まずは『足の健康』を手に入れましょう!

 

|アーチを取り戻せ!|

足の裏のアーチを取り戻していくうえで重要になるのは、

『つま先を上げる筋肉』『かかとを上げる筋肉』『足の指を曲げる筋肉』です。

 

例えば、

足の指がつりやすい人

段差がないのに躓く人

歩いていると股関節が痛くなる人

 

その原因は、『偏平足』かもしれません!

 

具体的にお勧めのエクササイズは、

足の指でグー・チョキ・パーを作るエクササイズ

足の指でタオルを手繰り寄せるエクササイズです!

 

できるだけ指を目いっぱい動かして行うようにしてください!

 

以前にも載せたことがありますが、もう一度載せておきます!!

 

是非実践してみてください!!

|まとめ|

  • 偏平足は足の裏のアーチが潰れてしまった状態
  • アーチが潰れる原因は、ふくらはぎの筋力低下・柔軟性不足、
    膝が内側に入る(内股)、癖がある足の指の筋力の低下など
  • 偏平足により引き起こされるケガは、足だけではない

 

足は第二の心臓

 

その通りですね。

足を軽んじずにしっかりと改善していきましょう!!