人手不足. . . 

今の日本にはこの言葉が蔓延しているようですね. . .

 

 

健康経営は、そんな人材不足解消の一つのツールとして注目されています。

 

 

以前 「健康経営の目的とメリット」 という記事で、健康経営を行うことは【優秀な人材の獲得や流出防止の効果が期待できると言われている】と紹介しました。

 

 

という事で、今回は『本当に人材獲得や流出に効果があるのか?』という調査を行い、

 

①結論と実際のデータ

②実際に健康経営を導入している企業の声

 

という流れで紹介したいと思います!

 

 

 

|   結論とデータ   |

 

まず結論ですが、本日時点での調査では【確実に良い効果がある!という完璧なデータは出ていない】とLivraは判断致しました。

 

 

しかし、経済産業省が発表している、効果がありそうなデータがありましたので下にご紹介します。*1

 

 

 

多くの就活生や親が、就職をする時に健康経営をしている企業に「入りたい」「入らせたい」と思っているようですね。

 

 

多くの企業が「こんな健康経営をしてます!」「こんな福利厚生があります!」と外にアピールしているのは、採用面でも有利に働きそうです。

 

 

|   企業の声   |

 

次に「実際に健康経営を導入している企業の採用についての声」を少しですがご紹介致します。*2

 

 

・リコーリース株式会社様 *2

「当社は決して知名度のある会社ではありませ んが、昨年『ホワイト500』に認定され、採用活動 にすごくプラスの影響がありました。健康づくり が社内で話題になることも増えています!」

 

 

・リンナイ株式会社様 *2

「さまざまな取り組みがメディアで取り 上げられるようになりました。新卒採用 の説明会などで話をすると、『健康経営銘柄』選定について知っている学生も増えていて、周囲に認知されている実感があります!」

 

・テルモ株式会社様 *2

「採用の企業説明会で、『健康経営銘柄』選定を紹 介したところ、内定学生から『非常に誇らしい』というコメントをいただきました」

 

 

・ラクスル株式会社様 *3

おかげさまで「健康経営」というキーワードをいただいてからは (中略) それに関連してメディアでもそうしたお話ができたりもします (中略) とくに採用の部分ではプラスに働いているということはあるので、その部分は積極的に出していければいいと思います。

 

 

このように、実際に健康経営に取り組んでいる企業からは「採用に良い影響をもたらしている」というような声が出ているようですね。

 

 

|   まとめ   |

 

以上の事をまとめ、Livraは【「健康経営 = 採用に有利」という十分な裏付けは無いが、採用に良い影響をもたらす事は期待できそうだ】と判断致しました。

 

 

良い影響が期待できる一方で「健康経営 = 採用に不利」というデータは見受けられなかっも特徴かな、と思いました。

 

つまり、健康経営を進めても「損は無し」で「良い影響がある」かもしれません。

 

 

「いやいや、採用にも効果がありそうって言っても、健康経営って何すればいいの?」と思われた方はこちらの記事「健康経営って何するの?」を参考にしてみて下さい!

 

 

 

いずれにせよ、Livraでは【健康経営に投資した分リターンがあるのか】という事をきちんと見ながら行っていく事が非常に重要だと思っています。

 

 

そういった判断をサポートするためにも、Livraは今後もしっかりとデータを提供致します。

 

 

次回以降も色々な観点からデータを提供致しますので、お楽しみに!

ではでは〜、

 

 

 

参考文献

*1:「経済産業省」第13回健康投資WG 事務局説明資料1 (アクションプラン2016の進捗状況について) を基に作成

*2:「経済産業省」健康経営銘柄2018選定企業紹介レポート

*3:ラクスルの採用応募者が増えたのは「健康経営」のおかげ? 福利厚生の充実がもたらした変化   https://logmi.jp/281900

 

*「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です