膝の痛みというものは本当に厄介です。

何より移動が本当につらい…

 

しかし、筋肉ではなく関節なので膝をストレッチすることもできません。

自分自身では、安静にすることしかできないことがほとんどです。

 

かくいう私も膝の靭帯を断裂し、歩くこともままならなくなった時期があるので、気持ちは本当にわかります…

 

本日はそんな厄介な膝の痛みの原因の一部をお話ししていきます。

 

|膝の構造|

膝は太ももとすねを繋ぐ関節のことを指します。

膝は関節であり、膝を構成している筋肉はありません。

 

膝は足首と股関節に挟まれた位置に存在します。

そのため、足首の動きや股関節の動きが悪くなってしまうとそのまま
膝に影響を与えてしまいます。

 

特に股関節の動きの悪さがひざの痛みに繋げっているケースが多々あるので、股関節周りの動きの改善は非常に重要な要素となります。

 

|痛みが発生する原因|

痛みが発生する原因は本当にたくさんあります。

しかしここでは、後天的に起きてしまう痛みの主な原因を紹介します。

 

先にも述べたように、股関節の動きが膝に影響を与えます。

 

例えば、膝を上げる動きで使う股関節の前側にある腸腰筋と呼ばれる筋肉が弱い場合…

イメージA 足を地面に擦って歩く場合の力の方向

  1. 歩くときや走るときなどで膝が上に上がらない
  2. 膝が上がらないため、足を地面に擦るように歩く
  3. 足を地面に擦ると、イメージAの矢印のように、すねと太ももの骨で反対方向の力が加わる為、膝への負担となり痛みに発展する

 

例えば、常に内股(うちまた)の女性の場合…

  1. 階段を上るときなどの脚を踏ん張る動きをするとき、常にひざの内側に負担をかけてしまう
  2. 長年続けた結果、膝の内側の軟骨がすり減り変形性膝関節症に発展する

 

|最後に|

本当に一部ですが、膝の痛みに繋がる原因を書かせていただきました。

最初にも書いたように、膝は足首と股関節に挟まれた位置にあります。

なので、膝に痛みもしくは違和感のある人は、
まず股関節と足首の動きの改善に取り組んでみてください!

 

長年にわたって苦しめられてきた膝痛がそれだけで
改善するかもしれませんよ!!

 

次回の基礎知識では、具体的な膝痛改善エクササイズに関して書かせていただきます。

 

ではでは^^