「健康経営と言われているものがあるのですが、そういった事のサポート事業をしております. . . 」

 

仕事の都合上、福岡でこんな紹介をする時もありますが、その時の返答の約8割が『へぇ〜、健康経営なんて、そんなものがあるんですねぇ. . . 』という感じです。

 

一方、私たちが東京で話をしたりする時は『あ、健康経営ですか、今大事ですからね。』と言われる事が多いんです。

 

 

正直「福岡・九州ではまだまだ知られていないなぁ」という事を肌で感じます。

 

なので、本日は【ほんとに福岡・九州は健康経営の認知度が低いのか?という肌感覚の検証結果】をお伝えしたいと思います。

 

|    健康経営の認知度    |

まずは広い視点から入ります。

ここでは「全国的に健康経営という事が認知されているのかどうか」をご紹介していきます。

 

今回は【経済産業省が実施している「健康経営度調査」というアンケートのようなものに回答した企業数 = 全国の健康経営の認知度】として見てみる事にします。*1

 

下の図が回答社数の推移です

 

アンケート開始初年度(H26年度)から今年の調査までで約2.5倍増えています。

特に今年調査分の増加率がすごいですね. . .

 

国自体が後押ししていることもあり、今後もさらに伸びていく事が推測されます。

 

 

このデータからは、全国的には認知度が高まっている事が見られるようです。

 

では本題に戻って【福岡・九州はどうなのか?】を見ていきましょう。

 

|    福岡・九州の立ち位置    |

 

経済産業省が【健康経営優良法人】というのを認定しており、今回はそのデータをもとに見ていきたいと思います。*2

 

 

この認定は下の2種類に分かれて認定されています。

①大規模法人

②中小規模法人

 

(大規模法人の部門では地域の偏りが大きすぎるので、最後に軽い紹介をするだけにして、中小規模法人を中心に見ていきます。)

 

 

 

中小規模法人における「健康経営の優良企業ですね」と認定されている企業数の全国第1位は. . .

「東京都」

と私たちは思っていました。

 

 

実際は . . . 下の図の通りです

意外にも、愛知県がダントツの1位でした。

 

業種別に見た時に製造業が1位だったので、だからかもしれませんね。*3

しかし愛知県は県や市を挙げて健康経営に積極的に取り組んでいるニュースが多く出ていますので、やはり意識の違いもありそうです。

 

そして「福岡」は、第5位の33社でした。

「愛知の約80社」「大阪・東京の50社以上」と比べれば、少ないと判断しても良いのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、九州地方として6区分に分けて見てみると. . . 

 

九州は最下位(72社)で、1位の「中部地方」(208社)と比べると2.8倍の差があります。

 

 

(ちなみに . . . 大規模法人の部門では、健康経営優良認定企業数の第1位は「東京都」の294社で、「福岡県」は第7位の10社でした。差がすごいですね . . . )

 

 

|    まとめ    |

 

以上のデータを見ると、全国的には認知度が伸びているのに、福岡・九州では健康経営の認知度が低いと言えるのではないでしょうか。

 

一般的には、低い事は悪いことかもしれません。

でも、私たちはこれを「大きなチャンス」だと思っています。

 

なぜなら【他の福岡・九州の企業と差別化できるから】です。

 

以前の記事の最後で引用したように社員様がより健康になり生産性が高まる期待ができる以外にも. . .

 

採用の際に健康経営をうまくアピールして有利に採用できるかもしれません。

 

お客様だけでなく投資家・銀行に対してもアピールでき、イメージ向上が図れるかもしれません。

 

このように、健康経営をうまく活用する事で企業の成長を大きく後押しできるかもしれません。

 

 

現状を把握し、うまく活用し、成長に絡める。

個人も企業も、大切な事ではないでしょうか。

 

 

今後は「実際に健康経営って何をすればいいの?」という事なども発信していきます!

では、次回もお楽しみに!

 

参考資料

*1:経済産業省  健康経営銘柄レポート 2018  を基に作成

*2:経済産業  健康経営優良法人 2018(中小規模法人部門)認定法人一覧  を基に作成

*3:経済産業省  第18回健康投資WG 参考資料 (平成29年度健康経営顕彰制度の結果)  を基に作成

 

  *「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です